企業全体へのソフトウェア配信を通 じてアジャイル開発計画を統合する CollabNet TeamForge®の活用
ソリューションの要約

アジャイルがソフトウェア開発および配信の最も一般的な手法であることは誰もが知っていますが、7社の企業のうち1社しか、自分たちのアップフロントアジャイル開発計画方式をその後のCI・ソフトウェアの配信プロセスやツールチェーンにしっかりと結び付けられていないのはどうしてでしょうか?加えて、この1/7社の企業のさらに少ない比率しか、実際に自分たちの統合された「アップストリーム/ダウンストリーム」のアジャイルプロセスを組織のワークグループ全体に広げられていません。このソリューション要約で、様々な局所的アジャイル成功事例を取り上げて企業全体で均等に広げられる方法をご覧ください。

以下を行うためのTeamForgeの活用方法をご覧ください。

  • バリューストリームマップにより、既存のプロセスのムダを削減し、価値を付加する 
  • アップストリームのアジャイル開発計画とダウンストリームのCI/CD作業を統合する
  • 一連の一貫したCI/CD実践方法とツールチェーンを企業全体で導入する
  • プロセス、ツールチェーン、ソフトウェアIPアセットを共有し、アジャイルでありながら統合された企業になる